予防課

煙火及び液化石油ガス

煙火消費許可申請及び液化石油ガス設備工事の届出等について

平成27年4月1日から半田市、阿久比町、武豊町、東浦町での 煙火消費許可等及び液化石油ガス設備工事の届出等の事務が愛知県から権限移譲され、 消防本部本部予防課が窓口となりました。

令和3年4月5日から省令改正により、無許可数量などの規定が変更となりました。

煙火消費許可申請について

申請書類のダウンロードはこちら

申請窓口 予防課危険物保安担当
提出書類 必要な書類各3部(海に係る場合は4部) ※1
手数料 7,900円 ※2

※1 必要な書類がわからない場合は予防課までお問い合わせください。

※2 申請時に納入通知書を発行しますので、指定金融機関で振り込んでください。

打ち上げ花火の無許可消費数量について

煙火を消費する場合は本来許可が必要ですが、例外的に一定の大きさや数量以下の煙火については無許可で消費することが認められています。 ただし、その場合であっても火薬類取締法の消費の基準は遵守する必要があります。

信号又は観賞用の打上煙火

打上煙火は以下の条件をすべて満たしている場合、無許可で消費することができます。

(ア)①が10個以下

(イ)①+②が25個以下

(ウ)①+②+③が75個以下

煙火の種類 大きさ、火薬量等 無許可数量※1
打揚煙火 ①直径10㎝を超え14㎝以下(4号及び4.5号) 10個以下 ①+②25個以下 ①+②+③75個以下
②直径6㎝を超え10㎝以下(3号)
③直径6㎝以下(2号)

観賞用の仕掛煙火等

煙火の種類無許可数量※1
仕掛煙火 焔管200個以下
ファイヤークラッカーその他の点火によって爆発音を出す筒物(スモーククラッカーを除く。) 筒物1個の、火薬量が1グラム以下で爆薬量が0.1グラム以下のもの 300個以下
競技用紙雷管 無制限

※1 無許可で同一場所で1日に消費できる数量です。

映画、演劇等の効果用の煙火

原料火薬・爆薬量が0.1gを超える効果用煙火は以下の条件をすべて満たしている場合、無許可で消費することができます。

(ア)1⃣が5個以下

(イ)1⃣+2⃣が30個以下

(ウ)1⃣+2⃣+3⃣が50個以下

大きさ、火薬量等 無許可数量※1
1⃣原料火薬・爆薬量が1個30gを超え50g以下の煙火 5個以下 1⃣+2⃣30個以下 1⃣+2⃣+3⃣50個以下
2⃣原料火薬・爆薬量が1個15gを超え30g以下の煙火
3⃣原料火薬・爆薬量が1個15g以下の煙火
発煙筒、撮影用照明筒若しくは爆薬(爆発音を出すためのものに限る。)の量が0.1グラム以下の煙火 無制限

※1 無許可で同一場所で1日に消費できる数量です。

液化石油ガス設備工事の届出等について

申請書類のダウンロードはこちら

申請窓口 予防課予防担当
提出書類 必要な書類各2部
届出対象工事 ・容器による貯蔵能力(500キログラムを超え3,000キログラム未満)
・バルク貯槽の貯蔵能力(500キログラムを超え1,000キログラム未満)

※ 液化石油ガス設備工事の届出については手数料はかかりません。

予防課についてのお問合せ

〒475-0817

半田市東洋町一丁目6番地 知多中部広域事務組合消防本部(予防課)

☎0569-21-1491 FAX:0569-22-7420