戻る

理事会議事録の署名と変更登記に必要な印鑑証明書との関係

 

(議事録)

第 31 条 理事会の議事については、法令で定めるところ により、議事録を作成する。

2 出席した理事及び監事は、前項の議事録に記名押印す る。

 

(議事録)

第 31 条 理事会の議事については、法令で定めるところ により、議事録を作成する。

2 出席した代表理事及び監事は、前項の議事録に記名押印す る。

 

理事及び代表理事に関する登記の手続に係る添付書面

 

(理事会設置一般社団法人の場合)

参考

(理事会非設置一般社団法人の場合)

一般社団法人及び一般財団法人に関する法律

(理事会の決議)

第九十五条  理事会の決議は、議決に加わることができる理事の過半数(これを上回る割合を定款で定めた場合

にあっては、その割合以上)が出席し、その過半数(これを上回る割合を定款で定めた場合にあっては、その割合以

上)をもって行う。

2  前項の決議について特別の利害関係を有する理事は、議決に加わることができない。

3  理事会の議事については、法務省令で定めるところにより、議事録を作成し、議事録が書面をもって作成されて

いるときは、出席した理事(定款で議事録に署名し、又は記名押印しなければならない者を当該理事会に出席した

代表理事とする旨の定めがある場合にあっては、当該代表理事)及び監事は、これに署名し、又は記名押印しなけ

ればならない。

4  前項の議事録が電磁的記録をもって作成されている場合における当該電磁的記録に記録された事項について

は、法務省令で定める署名又は記名押印に代わる措置をとらなければならない。

5  理事会の決議に参加した理事であって第三項の議事録に異議をとどめないものは、その決議に賛成したものと

推定する。

 

一般社団法人及び一般財団法人に関する法律施行規則

(理事会の議事録)

第十五条  法第九十五条第三項の規定による理事会の議事録の作成については、この条の定めるところによる。

2  理事会の議事録は、書面又は電磁的記録をもって作成しなければならない。

3  理事会の議事録は、次に掲げる事項を内容とするものでなければならない。

一  理事会が開催された日時及び場所(当該場所に存しない理事、監事又は会計監査人が理事会に出席をした

場合における当該出席の方法を含む。)

二  理事会が次に掲げるいずれかのものに該当するときは、その旨

イ 法第九十三条第二項の規定による理事の請求を受けて招集されたもの

ロ 法第九十三条第三項の規定により理事が招集したもの

ハ 法第百一条第二項の規定による監事の請求を受けて招集されたもの

ニ 法第百一条第三項の規定により監事が招集したもの

三  理事会の議事の経過の要領及びその結果

四  決議を要する事項について特別の利害関係を有する理事があるときは、当該理事の氏名

五  次に掲げる規定により理事会において述べられた意見又は発言があるときは、その意見又は発言の内容の概要

イ 法第九十二条第二項

ロ 法第百条 ハ 法第百一条第一項

六  法第九十五条第三項の定款の定めがあるときは、代表理事(法第二十一条第一項に規定する代表理事をいう。

第十九条第二号ロにおいて同じ。)以外の理事であって、理事会に出席したものの氏名

七  理事会に出席した会計監査人の氏名又は名称

八  理事会の議長が存するときは、議長の氏名

4  次の各号に掲げる場合には、理事会の議事録は、当該各号に定める事項を内容とするものとする。

一  法第九十六条の規定により理事会の決議があったものとみなされた場合 次に掲げる事項

イ 理事会の決議があったものとみなされた事項の内容

ロ イの事項の提案をした理事の氏名

ハ 理事会の決議があったものとみなされた日

ニ 議事録の作成に係る職務を行った理事の氏名

二  法第九十八条第一項の規定により理事会への報告を要しないものとされた場合 次に掲げる事項

イ 理事会への報告を要しないものとされた事項の内容

ロ 理事会への報告を要しないものとされた日

ハ 議事録の作成に係る職務を行った理事の氏名

 戻る